広告フォーム

 Facebookでは、新しいモバイル動画広告の「場」をクライアントに提供し始めていますので、以下に概観してみましょう。

 フェイスブック ジャパンでHead of Vertical Industryを務める鈴木大也氏は、次のように言っています。 『インターネットの発達で、メディア消費のスタイルは多様化し、テレビの視聴時間は相対的に減りました。テレビをまったく見ない人も増えています。 多数のユーザーを抱えるFacebookを活用すれば、テレビを見ない人にも動画広告を見せることが可能です。』と。 それだけではなく、Facebookの動画広告を利用すると、クライアント企業はテレビコマーシャルで実現できなかった、よりきめ細かなマーケティングが 可能となるのです。『テレビコマーシャルが担ってきた企業の広告機能をFacebookが補完するというわけです。』と鈴木氏は言っています。 具体的に云うと、人々の「スキマ時間」に動画広告を配信できるのです。テレビを視聴するのは、概ね自宅のリビング等でくつろいでいるときで、 テレビコマーシャルが目に触れるチャンスは、「視聴者が自宅のリビングでテレビをつけているとき」に限られていたのです。 しかし、スマホが普及した今、多くの人々が自分の好きな時間、好きな場所で気軽にFacebookを利用しているのです。 つまり、今までテレビコマーシャルが到達し得なかったタイミングや場所で、動画広告を配信できるようになっているのです。

 しかし、スマホではFacebookばかりではなく様々なオンラインサービスにアクセスできます。他のサービス上で動画広告を配信するのと、 Facebookで動画広告を配信することにどんな違いがあるのでしょうか。これについて、Facebookは、これまでに蓄積してきた数千万単位のユーザーの ビッグデータを保有している点が決定的なポイントになります。このデータを解析することで、クライアント企業のニーズに合わせた見込み顧客に ターゲットを絞り、動画広告を直接届けることが可能となります。Facebook上で展開される動画広告は、テレビコマーシャルでは到達し得ない層にも アプローチできる結果、様々な効果が期待されます。

 一方、自宅のリビングで視聴するテレビと、主に個々人のスキマ時間に利用されるモバイル端末とでは、動画広告の見られ方が根本的に異なります。 人々は、テレビを見ているときは基本的に受身であり、いわゆるプッシュ型の視聴を行っているのに対し、モバイル端末でインターネットにアクセスして いるときは、基本的に自らコンテンツを選ぶプル型の視聴を行っているからです。 その違いから、動画広告の作り方もテレビ用とモバイル端末用では当然に異なります。 『モバイル端末に最適な動画広告を作る上で、テレビコマーシャルとは異なる3つのルールがあります。』と フェイスブック ジャパンCreative ShopのCreative Strategistである田中徹氏は言っています。
そのルールとは、(1)音声がなくても内容がわかるようにつくること、(2)結論を先に見せること、(3)画角を検討することだと言います。

 (1)音声がなくても内容がわかるようにつくること

 スマホで動画を見ているとき、9割以上のユーザーが音を消しているという調査結果があります。つまり、従来のテレビコマーシャルの武器だった 音楽やナレーションを駆使できないのです。このため字幕を活用するなどの工夫が必要となってきます。 「無音声」というのは、表現上の足かせになりますが、この足かせが逆に功を奏するケースもあります。 映像と字幕だけで企業の商品やサービスやブランドイメージを表現している動画広告を作成できれば、字幕を翻訳するだけで世界中のさまざまな国や地域で マーケティングが可能となるからです。

 (2)結論を先に見せること

 『テレビは典型的なプッシュ型メディアで、視聴者は受け身で見ているために多少長いコマーシャルが流れていても「ながら視聴」してくれます。 しかし、インターネットはプル型メディアです。視聴者は自ら選択してコンテンツを見ているため、まだるっこしいコンテンツはすぐにスキップして しまいます。「従来の30秒のテレビコマーシャルでは、物語の設定があり、事件が起き、解決策が提示され、商品のカットが最後に大写し、 という作り方ができましたが、インターネットのユーザーは10秒以上動画を見てくれないことが多い。このため、動画広告は最初に結論やヤマを見せる 必要がありますし、ブランド名や商品パッケージもすぐに見せる必要があります。』と田中氏は説明しています。

 (3)画角を検討すること

 テレビコマーシャルの場合、テレビの画角は16対9の横長方形とフォーマットが決まっています。しかし、インターネットの動画広告の場合、 フォーマットを縦長や正方形する等の変化が可能です。従来の横長16対9のフォーマットに縛られない創造性が広告クリエイターに求められることになります。

 ところで、モバイル端末で動画広告を配信すると、テレビコマーシャルでは得られなかった3つの広告効果が得られるようです。
(1)実際に商品を購入する可能性のある場面で広告を見せ、その場で消費を喚起できるオケージョン効果。
(2)直前に見た広告によって消費者の購入意欲を喚起できるリーセンシー(近接)効果。
(3)さまざまな場で広告に触れてもらえるため、商品の存在を何度も思い出してもらえるリマインド効果だということです。

 このような前提で、今後の広告サービスのイノベーションは次が考えられている模様です。
(A)位置情報ターゲティング・・・・・スマホの位置情報機能を利用して、店舗など購買の現場となる周辺に近づいたFacebookユーザーにピンポイントで ターゲティングをして、そのユーザーのスマホに特定の広告を配信し、店舗やイベントへの行き方を伝えたり、クーポンを発行したり、 セール情報を教えたりすることが考えられます。
(B)Facebookを介した小売業との協業マーケティング・・・・・小売業のFacebookぺージに、クライアント企業が自社商品のブランド広告を打つケースが あります。小売業にとって自社店舗にFacebookユーザーを呼び寄せるチャンスが増え、クライアント企業は店舗での売り場の獲得や小売業との関係強化を 図れる訳です。
(C)小売業のPOSデータとFacebookとの連携・・・・・小売店の現場で蓄積されたPOSデータとFacebookユーザーのビッグデータとを組合せ、 見込み顧客に向けて特定商品の広告を打つといったマーケティングを行うことが可能になるでしょう。